ネットスーパーと食材宅配サービスの違い|ネットスーパーマップ

ネットスーパーと食材宅配サービスの違い

あなたの街に対応しているネットスーパーや食材宅配サービス
ネットスーパーと食材宅配サービスの違い

そもそもネットスーパーとは

ネットスーパーとは、既存のスーパーマーケットや店舗を持たない宅配専門の業者がインターネットで注文を受け付けて、既存店舗から主に個人宅まで注文商品を即日配達する宅配サービスのことです。

商品の取り扱い品目は店舗同様に多種・多様であり、米・野菜などの生鮮食品から日用雑貨、肌着、家電の一部まで即日配達されます。

最近では、有機野菜などの安心・安全な食品を専門的に取り扱うネットスーパーなども増えてきています。

消費者自ら水やお米など重量物を運ぶ必要が無いため、女性や高齢者などの利用が増えています。

そもそも食材宅配サービスとは

食材宅配サービスとは、カタログやインターネットで注文した食材を定期的に家に配達してくれるサービスのこと。

女性の社会進出化によるキャリアウーマン・ワーキングマザーの増加や、高齢化社会の進展に伴い、忙しい女性や一人暮らしの高齢者を中心に需要が高まっています。

食材宅配サービスは大きく3種類に分類されます。

  • 食材タイプ
  • 半調理タイプ
  • 完成タイプ

ネットスーパーと食材宅配サービスの違い

上記のように、ネットスーパーと食材宅配サービスは似たサービスではあるのですが、何が違うのでしょうか?

大きな相違点としては、以下のものが挙げられます。

ネットスーパーは日用品も取り扱っている

ネットスーパーでは、実店舗で取り扱っている日用品や医薬品なども購入することができますが、食材宅配サービスでは購入することができません。

食材宅配サービスは定期購入

食材宅配サービスは、基本的には定期購入でのサービスとなっています。

毎日の夕食献立レシピなどが購入できたり、下ごしらえが済んでいるものが届いたり、中には完成済みの料理が届くサービスもありますが、いずれも定期購入が前提となっています。

 
<< ネットスーパーの現状・需要と今後の課題 伸び率や利用者数などのデータで見るネットスーパー >>

ネットスーパーマップでは

ネットスーパーマップでは、ネットスーパー・食材宅配サービスの比較まとめを掲載しております。

・スーパーなどに買い物に行くのが面倒くさい
・なるべく出歩く機会を減らしたい
など
お考えの方も多いのでは?
あなたの住んでいる地域対応のネットスーパーなどお探しの方はご利用ください。

ネットスーパーとは

ネットスーパーとは、既存のスーパーマーケットや店舗を持たない宅配専門の業者がインターネットで注文を受け付けて、既存店舗から主に個人宅まで注文商品を即日配達する宅配サービスのことです。

商品の取り扱い品目は店舗同様に多種・多様であり、米・野菜などの生鮮食品から日用雑貨、肌着、家電の一部まで即日配達されます。

最近では、有機野菜などの安心・安全な食品を専門的に取り扱うネットスーパーなども増えてきています。

消費者自ら水やお米など重量物を運ぶ必要が無いため、女性や高齢者などの利用が増えています。

都道府県ページへ